pomrie(ポムリエ)を使ってみた その3

さて、前回作ったデータを使って、テキストデータを作成とか。

あ、テキストデータだけで印鑑なら、最初からこっちのやり方で進めてもOKですよん。

ぽむ1

「自由につくる」をクリックしてみる

ぽむ製作1

どんなサイズで作るんだとかいうのを聞いてくるので選択。
ちなみにこの時は60mm×30mmが欲しかたのでポチり。

ぽむ製作3

そしたらサイズのデータが出てくるのので入れ込んでいくと。
ちなみに上の画像はフレーム入れた状態。
下の「アイテム」「フレーム」「テキスト」「手書き」を選ぶと、それぞれにそのサイズにあったデータが出てきて選択入れ込みって作業になるっぽいです。

で、先ほど作った画像を入れたいので、「アイテム」を選択してからちょっと右上にある「追加」をクリック。

ここで画像が選べたらひと手間イラナイんだけどね。CASIOさんどーにかなりませんかー。
今後のアップデートに期待。。。。。

ぽむ製作2

「エフィクト」を選択。

Image1

さっき作った画像が保存されてるのでクリック。「次へ」

ぽむ製作4

どーん。
画像が読み込まれたので、好きな大きさに縮小。
ちなみに右上の角に表示されてる回転マークは回転、左下の矢印は拡大縮小となります。
マウスポインタ乗せてドラックしたらいいてすよ。

ぽむ製作5

こんな感じにしてみたり。

後はテキストを入れて文字いれたりとか。

Image2

こんな感じでしょうか。
ちなみに隠したところの文字だと、製版した時にちょっと文字が潰れるというか、うまく製版できなかったりでした。
ここはもう

やってみないとわからない…。゜(´Д`)゜。

ていう世界。 はい。

そこはテストしながら、ここまでが縮小極限だよーとかいうのを覚えないとダメっぽいですね。

さて、次は製版(印刷)とiPhoneのアプリ入れるところとか。

さらに続く… 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください